WILD BOAR CUPで遊んできました!

WILD BOAR CUPで遊んできました!

Smile Bike Parkで開催された平日タイム計測イベントWILD BOAR CUPで遊んできました。

2月20日(水)に、我が家から一番近いMTBパークSBP(Smile Bike Park)でタイム計測イベントが開催されるということでいってきました。

平日イベントなので一人で参加。 WILD BOAR CUPということで、 一応順位を決定する大会なのですが、どちらかといえば競争よりもタイム計測会の雰囲気で、ゆるーくワイワイと楽しめました。楽しすぎで写真ぜんぜん撮ってまっせんw

参加賞は、イラストレーター みやま かず さん
デザインのWILD BOAR CUPステッカー

SBP(Smile Bike Park)

東京のど真ん中、稲城に突如あらわれたMTBパーク。できたころは、コースも荒削りで物足りなさがありましたが、コースの種類も増えて、コース自体も整備されてずいぶん楽しく走れるようになりました。特にダートジャンプは全てテーブルトップで安全に作られていますし、スラロームやパンプトラックのほか、クロスカントリーコースなども日々進化しているので、1日遊んでも飽きません。

場所はよみうりランドの近くですが、カーナビを頼りにいくと近隣の住宅街に迷い込みますので、「 新ゆり天望の丘墓苑 」か、GoogleMapなら「スマイルバイクパーク入口」等を目印にするとよいと思います。

エントリー費

今回のエントリーは、通常のコース利用料+イベント参加費500円だったのですが、平日なのでコース利用料は大人2,000円+駐車場500円。SBPで遊ぶなら平日が断然お得ですね。イベントだけ参加なら、午後からなのでコース利用料はさらにお安く3時間1500円ですね。イベント自体試行錯誤中ぽいので、今後変わるかもしれません。

タイム計測システム

イベントのタイム計測はBMXレースの普及活動をされているStartBMX.infoの小峯さんが個人的にDIYした光電管によるタイム計測システムが使用されますので、自分がこっそりライバル視しているライダーより速いのか遅いのか一目瞭然。これは走る前から盛り上がります。しかもタイム計測なので、ライバルがいないときでも計測可能。勝ったら自慢、負けたらシレッとダンマリとかw。

StartBMX.infoさんの工作記事

パンプトラックタイムアタック

計測の都合で、コースの真ん中からスタートして、1周半回ってコースアウトしたところがゴールです。計測はこれまた StartBMX.infoさんがDIYで作成したBMXゲートを使用。このゲートを使いたいためにイベントを開催したのではと思いたくなる完成度でした。BMXゲートをDIYで自作するっていったい!?

StartBMX.infoさんのゲート制作の様子

といっても、なれてないと怖いので、ゲートの使用は選べるとよかったのかもと思いつつ、僕にとってはこれはかなり有利。負けられない。。。

そして、駐車場脇のパンプトラックは結構大きくつくっていますが、こちらのパンプトラックは親子で遊べるように低めに設定されているようです。なので、コーナーをでた後のコブはプッシュ&プルよりこいだほうが速いんじゃないかなとか、走っていないときもどう攻略するかワイワイと楽しめました。

↓WILD BOAR CUPさんのパンプトラック動画

スラロームコースタイムアタック

スラロームコースには2種類あると思っているのですが、ひとつはコースがうまく走らせてくれるコース。もうひとつはうまく走れるように攻略していくコース。ここは後者ではないかというのが僕の感想。 特に序盤はコーナーが小さく、意識して倒していかないとなかなか曲がれない。だからこそタイムを意識して攻略していくことが楽しいんじゃないかと。工夫して走ってもタイムが変わらないコースだったら、タイム計測しても飽きちゃいますよね。ほんとタイム計測に向いているよいコースだなー。

ここで私はタイムアップ。子供の歯医者があるので帰宅しなければならず。試走で計測してもらったら20秒台。九島勇気選手は15秒台。たった20秒のコースで5秒違うってドウイウコトナンダロウ???ライブで見たかったものです(涙

↓WILD BOAR CUPさんの九島選手の動画

リザルト

パンプトラックはなんとか2位でした。表彰式は欠席でしたが、後日Tシャツとチケットをいただけるようです。ありがとうございます。表彰式の代理ありがとうございましたw

↓WILD BOAR CUPさんの表彰の様子

次回

タイム計測やゲートは常設ではないので、WILD BOAR CUPの次回イベントが楽しみですね。 予定は決まってませんが、次回ももちろんあります!と主催者のカザマックスこと風間さんが言っていたので、都合が付けば参加したいです。タイム計測は自分の記録との戦いがおもしろい。継続的にタイム計測することで、自分がうまくなっていくと楽しいですよね!パンプトラックはともかく、スラロームは20秒切れるようになりたいなぁ。